企業理念IDEA

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類・社会の進歩発展に貢献する。

【 人間性の追及 】
 仕事を通じて人格を向上させ、己を磨く。
【 社会性の追及 】
 人を幸せにする。人の役に立ち、喜ばれ感謝されること。
【 経済性の追及 】
 公明正大に利益を追求する。利益は継続の為の費用である。

会社概要COMPANY INFO

  • 商号 日本セルロイド化工株式会社
    設立 昭和19年4月
    資本金 2800万円
    役員 代表取締役 寺西弘至
    取締役   寺西健至
    取締役   髙井朋子
    監査役   髙井泰夫
    従業員数 17名
    取引銀行 東京三菱UFJ銀行 東大阪支店
    大阪信用金庫 永和支店
    京都銀行 東大阪支店
    事業内容 ● 各種プラスチック押出成形・射出成形及び関連品 製造販売
    ● セルロイド棒管押出成形・ゴルフ用ネックソケット加工
    主要販売先  日清紡テキスタイル株式会社 / ダイセルミライズ株式会社 / ワイコム株式会社 /
    ゴルフクラブメーカー各社 / 三星産業貿易株式会社 / 井狩産業株式会社
    本社 〒577-0055 東大阪市長栄寺17-6
    TEL:06-6783-1761 FAX:06-6781-7810
    ソケット事業部 〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-17-508
    TEL:03-5901-9161 FAX:03-5901-9162
    加盟諸団体 関西セルロイドプラスチック工業協同組合
    東大阪防火協力会
    東大阪商工会議所
    事業所防犯協議会
    東大阪納税協会
    東大阪セルプラ安全会
    その他
  • 本社 本社スタッフ

アクセスACCESS

  • 本社 〒577-0055 東大阪市長栄寺17-6
    TEL:06-6783-1761  FAX:06-6781-7810
    近鉄布施駅より徒歩10分
    近鉄・JR河内永和駅より徒歩8分

  • ソケット事業部〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-17-508
    TEL:03-5901-9161  FAX:03-5901-9162

沿 革HISTORY

昭和14年(1939年) 大阪セルロイド再製工業組合(組合員26名)発足(大阪今里)
昭和18年(1943年) 戦禍東亜に拡大、セルロイドの各組織(輸出振興、生地統制、製品統制、屑統制 等)が形成され、一層の需要調整を図る為、セルロイドの生産は軍の統轄を受け、配給制度に至る。即ち、経理統制令、企業整備資金措置法により、新製メーカーとは別途、関西地区33の各業者の合同整備
昭和19年(1944年)  整備完了、新会社を日本セルロイド化工株式会社として、大阪今里にて発足
昭和28年(1953年) この間、宝塚・名古屋等の工場を売却。布施工場、八尾工場の集中生産体制と為し、今里本社を東大阪市に移転
昭和29年(1954年) セルロイドシート、和紙のラミネートを開発。 塩化ビニールシート艶付け加工、塩化ビニール棒管押出に着手
昭和33年(1958年) 酢酸セルロース押出成形に着手
昭和55年(1980年) ゴルフクラブ用ネックソケット加工に着手
昭和57年(1982年) 資本金1400万円に増資
昭和60年(1985年) ウレタンコードの押出成形に着手。PP・PE・PS・ABS・アクリルの小口径品押出成形に着手。
平成3年 (1991年) ギター胴巻き用CABシートの押出成形に着手
平成6年 (1994年) 本社屋並びにプラスチック工場新築。同時にプラスチック押出成形ラインの増設、付帯設備の整備により各種樹脂の多様化に対応可能となる。
平成10年(1998年) 生分解樹脂の押出成形に着手
平成13年(2001年) 資本金2800万円に増資
平成18年(2006年) 射出成形機を導入
平成22年(2010年) 東京ソケット事業部を開設。 NC旋盤機を導入。